人気ブログランキング |

水牛だより

<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

初夢なのに

富士は見えない、鷹はいない、茄子もなかった。私は深い谷底に吸い込まれるような断崖に立っている。木も草も生えていない。岩石だけの谷からのぼってくる乾燥した気持のいい風に吹かれて立っているのは誰かにここに呼ばれて来たから。家からは遠い知らないところだ。どうやってたどり着いたのだろうと考えていると、会いたいと思っていた人が谷から軽やかに登ってきた。その人の姿を見たとたん、そうだったのかと、ここにいることの意味がわかり、ほんの少し苦しさの混じった懐かしさがこみあげる。それからお互いに駆け寄ってやわらかく抱き合った。

めずらしく夢を見たとおりに覚えているのは、そのすぐ後で目が醒めたからだろう。谷からのぼってくる風や抱き合った感触がのこっていたので、暗闇でしばらく目を開き、見たばかりの夢を反芻した。そしてまた眠りにおちた、ぐっすりと遅い朝まで。そのための夢だったのかな?
by suigyu21 | 2011-01-07 00:43 | Comments(0)

一年の計は

ゆっくりと起きた元日の朝。お節とお屠蘇とお雑煮のあとに、ぼちぼちと毎月一日恒例の水牛の更新をしたわけだが、さあ、ファイルは出来た、あとはアップするだけと思ったそのときにクウェートから最後の原稿が届いた。それを加えて無事終了。お酒を片手に作業したから、どこかに齟齬があるかもしれない。元旦だから許してね。

陽が暮れて、久しぶりにタイのカラワンのメンバー、モンコンとスラチャイのCDを聴く。モンコンのものはトーク付きで、日本でならぜったいにNGになるような失敗もちゃんと入っている。こういうのこそ「生きるための歌」だなあと笑いがこみあげる。モンコンらしいすばらしい失敗は失敗の見本です。スラチャイのものはソロのスローバラッド。明るく高い声はその底に悲しみをたたえていて、タイ語の甘い歌詞が歌う声によって複雑に変容していく。あっけらかんと世界に開かれている彼らを思うと、お酒はいっそうおいしくなるのでありました。
by suigyu21 | 2011-01-01 20:19 | Comments(2)