人気ブログランキング |

水牛だより

2010年 03月 10日 ( 1 )

曲線のような時間

イワトでの製本ワークショップが日曜日にせまってきたので、準備をしている。素材をそろえるというのが事前の最大の仕事。使う道具や紙をそろえるだけなら、わりとかんたんなのだが、問題は中身なのですな。このごろちょっと流行している製本のワークショップでは、ノートを作るというのが多いような印象を受ける。つまり中身は白紙です。ノートの使い道はもちろんあるけれど、製本ならば、ともかく中身あってのことだろうという自分なりの最初の一歩を忘れるわけにはいかない。材料として白紙を差し出すことだけはしたくないわけです。

となると、そこにはほんとうに中身の問題が出てくる。テキストは青空文庫からいただいてくる。(ありがとう、青空文庫!)InDesignでレイアウトして、pdfファイルに書き出し、小冊子印刷をする。というような中身を作る編集のこともワークショップの内容に含むことが出来ればと思っていたら、来年度から「出版者になろう!」という講座がスタートするらしい。本の企画から販売まで学べるようだ。連携したいなあ。
by suigyu21 | 2010-03-10 21:40 | Comments(1)