人気ブログランキング |

水牛だより

冬立ちぬ

満月に呼ばれるようにして空を見上げると、ビルの谷間から上ってくるときで、月は下にあるほど大きい。ちょっと得した気分。めぐってくる春に、島でまた満月バーができるらしい。満月の朧月だったらいいなあ。ずっと海辺にいて、ほろほろと湿気に包まれるるのだ。

きょうは立冬だというのに、まだペラペラのコートを着ているのがちょうどいい。電車のなかでは冷たい風が降りてきたりするし。しかし、歩いているときに道端をみると、すでに山茶花がたくさん咲いている。白から赤までのグラデーションがきれいだ。冬の花だから、きっともう冬なのだな。

トーベ・ヤンソン展を見に行ってきた。ムーミン展ではなくて、トーベ・ヤンソン展。大きく引き伸ばされた写真のひとつでは、バルト海のクルーヴハル島の夏の海で泳いでいるトーベは頭に花輪を乗せて笑っている。冷たそうな海の色だ。背後に夏の家が見える。油彩の自画像がいくつかあって、写真でしか知らないトーベ・ヤンソンだけど、その写真と違和感がないどころか、写真から感じるイメージがさらにとんがっていくのだった。


by suigyu21 | 2014-11-07 21:55 | Comments(0)