水牛だより

シネパトスと銀座化粧

成瀬巳喜男『銀座化粧』(1951年公開)を閉館間近のシネパトスで観た。
金曜日の午後の古い映画館は、閉館までのカウントダウンが始まっているかのような雰囲気で、写真を撮っている人がまたたくさんいた。館内は満席までとはいかず、でもちょっと特別な賑わいがあった。観客の年齢層は高く、若い人はふたりくらいしかいない。建物の古びた感じとあわせて、老人だけの町とはこんな感じなのかなあと思う。悪くはない。

去年、必要と興味にかられて、DVDになっている成瀬巳喜男の映画をほとんど観た。その興味を植えつけてくれた人が今回の上映についても教えてくれたので、一度は映画館で観てみようと思っていた。すると、どうだ、前売り券をあげる、という人があらわれたではないか。「観るように」という成瀬監督からの指令だと思ったとしても許されるだろう。

映画館で観る『銀座化粧』はよかった。映画は映画館で観るように出来ているのだとも思った。ストーリーも台詞もくっきりとする。田中絹代が田舎から出てきた「坊や」と呼ばれている青年に銀座を案内する場面がある。いまはない銀座のそこかしこの風景。三原橋が埋め立ての途中らしいところも一瞬映って、いまそこにある映画館の座席にすわっている観客からはどよめきが。。。最後の上映作品にはこんな場面が隠されていたのだった。

70分ほどの上映が終わっても席を立つひとはわずかだ。入れ替え制ではないらしい。みんな夜までここにいるのかな。ひとり映画館を出て階段を上がって外に出てから振り返って見る。いま上がって来た階段は映画のなかに見た階段そのままなのだと。
[PR]
by suigyu21 | 2013-03-30 13:26 | Comments(0)