水牛だより

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ポルトガルはペソアからはじまる

花びらや蕾がちょうどあの雪に覆われた椿の花はその部分が茶色く変色してしまっていつもの年のように美しくない。茶色くへたりきった半分を抱えながら半分は新鮮に咲いているが、いつもの年のようには花が目立たない。でもそれは椿には関係のないことだろうと思うが、もしかしたら咲くときに少し苦しいのかしら。

年下の友人たち三人とポルトガル料理を食べた。ふたりは彼女たちが子供のころから知っているので、会って話していると、突然昔の記憶がよみがえってくるのがおもしろい。まあ、たいていはどうでもいいようなことだから忘れているのはむしろ当然なのだ。彼女たちの母親とまず知り合って、そしてそれから彼女たちとも友だちといえるようになった。年齢差が縮まることはないが、30歳を過ぎていれば差はあまり感じないで話している。年齢の差や世代の差というものには鈍感なので、違いがあってもそれをおもしろく感じることのほうが多いし、そもそも違いはどこから来るのかわからない。

ツイッターでフェルナンド・ペソアのボットをフォローしてからというもの、短く切り取られたペソアのテキストを毎日何度も目にする。そしてつい、手もとにある『不安の書』を開く。こういう読みかたは新しいのかもしれないとふと思う。さらにペソアからの連想で、タブッキの『レクイエム』を再読した。そこにいろんなポルトガル料理が出てきて、巻末には料理についてだけの注釈もある。どんな味がするのかと気になっていたところに、ポルトガル料理を食べようという提案があったので、その偶然もひとりで楽しんだ。

タブッキの小説に似合うのは、最後にお店の人がすすめてくれた鯛のリゾットかな。ポルトガルではみんな盛大にデザートを食べるのですと言われて、リゾットの後に四種類のデザートを頼み、四つのお皿を回しながらみんなで食べた。四人がかりでもクリームたっぷりのセラドゥーラを少し残したのは、私だけでなく、みんな食べ盛りを過ぎていることの証拠だった。
[PR]
by suigyu21 | 2014-02-26 20:25 | Comments(0)

冬の養生

アロマテラピーが日本ではまだあまり知られていないころに、ふとしたきっかけでそれを知ることになった。イギリス帰りの友だちから精油のちいさな瓶をもらって、なんていい匂いなの、と思ったのだった。それから今日まで、精油はいつも身近に置いている。精油のほとんどはそのままで使うには強すぎるから、キャリアオイルで希釈して使うので、冬のものだという気がする。部屋中に香りが充満するのもいいんです。

何年か前に、これも友だちが売っていたので買った、ドイツ製のカイロ。カイロとは言っても、赤い厚手の木綿の袋の中にさくらんぼの種子が入っているだけ。それをレンジで温めて使う。頭の後ろ、首の後ろ、両方の肩甲骨などをぬくぬくと温めて、その後はお腹に乗せる。こうして書いても、なかなかその心地よさは伝わらない。それに心地よさそのものも、そのとき限りのもので、忘れてしまうものだ。

今年は葛根湯が加わった。寒さが体の中まで侵入したきたと感じたら、一服のむ。すると風邪にまではいたらない。風邪をひいてからではちょっと遅いかもしれないな。

そして、もっとも大事なのは寝ること、睡眠です。眠ったあとにもトイレに起きたりするし、夢は見るし、ふと目を覚ましたりするし、熟睡中に同じ部屋に寝ている者が音をたてたりするし、一晩中静かに眠ることはなかなかむつかしい。朝目を覚まして、いつもより遅い時間だと、とっても得した気分になって、それからまたしばしの間、布団のなかでぬくぬくする。

明日の立春からまた寒くなるらしいので、温まってから眠ろう。お風呂にとっぷりつかる。冷たい飲みもの(ビール)はご法度です。
[PR]
by suigyu21 | 2014-02-03 21:36 | Comments(0)