水牛だより

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

恋愛は小説か

片岡義男さんの短編小説集『恋愛は小説か』が発売になっている。

去年の夏から「文學界」に連載された6編にその前に書かれた1編を加えた7つの短編が収録された一冊だ。この短編集を作ることはひそかに進んでいたので、「文學界」で連載が始まるときにはすでに4、5編は出来上がっていた。だから連載はすばらしいタイミングだったのだ。「あとがき」に名前の出てくる「文學界」の担当編集者だった鳥嶋さん、編集長の田中さん、単行本を担当してくれた北村さん、そして装丁の大久保さんと、この一冊が世に出るまでに関わったのが偶然とはいえ、みな女性であることもなんだか楽しいことだった。

「あり得ないか、あり得てもほんの一瞬でしかないような、夢のような、あるいは理想的な、関係や状況。これは書くに値するのではないか。僕が書くいわゆる男と女の物語が、いまではほとんどこの方向へと整理されている」とかつて片岡さん自身が書いたように、『恋愛は小説か』はそのような物語のひとつの頂点に達していると感じる。ストーリーは具体的ではあるけれど、実はものすごく抽象的であり観念的なのだ。抽象度と観念度が極まっている。

片岡さんの編集を担当するって、実際にはどんなことをするのか、と知り合いに聞かれた。原稿をもらって整理をしてから掲載予定の出版社に送る、というようなことは当然の業務だ。一編の小説を書く前に、あれこれ片岡さんと話す。それが編集ということの核心なのかもしれない。主人公やストーリーの展開について話す。片岡さんが話すのを黙って聞いているだけのことも多い。それから、直接はあまり関係がなさそうなことも話す。片岡さんは、「よし、出来た」と言って帰ることもあるのだが、数日後に送られて来る原稿を読むと、これがまったく想像外の内容だったりするのだ。

「一冊の本は、著者がそこから出発したしるしだ。」と辻まことが書いているように、『恋愛は小説か』が本になったときには、片岡さんの関心はすでに次に移っている。いまは食べることについてのエッセイを編集中で、きっと夏には出ると思う。『恋愛は小説か』と同時に進行していたもう一冊の短編小説集も原稿は出来上がっている。こちらは男性が主人公。たぶん、秋には出版されるでありましょう。
[PR]
by suigyu21 | 2012-06-26 20:20 | Comments(0)

満月バー

9日土曜日、「内澤旬子のイラストと蒐集本展」開催中のスタジオイワトでの一夜だけのお楽しみは満月バー。太陰暦を見間違えたのか、当日は満月はすでに過ぎていて、寝待ち月でした。しかも雨もようで月は雲の上だった。

強い酒をショットでね、と合意してそれぞれ用意した。そのままのおいしさが至福に到達する深い単純さが我らにはふさわしい。

内澤さんが用意したのは、ハイチのラム、奥飛騨の米製ウォッカ、それに奄美は徳之島のラム酒ルリカケスの三種類。私は南大東島のラム酒コルコルアグリコール、奄美の黒糖酒まんこい、そしてフランスのCitadelldeというジン 。

もうひとりのチイママ清美さんは自分からこのバーで働きたいと言ってきたことからもわかる通り、だんぜんリキが入っていた。雨にも負けずお着物だったしガラガラと引っぱってきたトランクには酒瓶が何本も入っていたのだからね。イギリスのタンカレーのジンの最高級もの、キューバとジャマイカのダークラム、コーンウイスキー、そしてドイツの金粉が舞っているリキュール。(イワトにまだ置いてあるから写真に撮っておこう、と書きながら思いつく。。。)

金粉の入っている「オードヴィードダンチック」は強くて甘〜い。きっと食後酒なのね、と思っていると、木下杢太郎の詩集『食後の歌』の最初に「金粉酒」というのがあり、この酒のことを歌っていると清美さんがコピーを見せてくれた。

木下杢太郎全集で確認したので、その詩を記念に載せておこう。お酒には物語がついていたりするし、映画や絵などにもふと見つけることもある。そんなものを集めてみるのもおもしろそうだ。しかし、それは個人的な楽しみであって、文学バーなどにはけっしてしてはいけないと思う。(この決意は固い)


    金粉酒  木下杢太郎

  Fau-de-Vie de Dantzick.(オオ ド ヰイ ド ダンチツク)
  黄金(こがね)浮(う)く酒(さけ)
  お お、五月(ごぐわつ)、五月(ごぐわつ)、小酒盞(リケエルグラス)、
  わが酒舗(バア)の彩色玻璃(ステエンドグラス)、
  街(まち)にふる雨(あめ)の紫(むらさき)。

  をんなよ、酒舗(バア)の女(をんな)、
  そなたもうセルを着(き)たのか、
  その薄(うす)い藍(あゐ)の縞(しま)を?
  まつ白(しろ)な牡丹(ぼたん)の花(はな)、
  觸(さは)るな、粉(こ)が散(ち)る、匂(にほ)ひが散(ち)るぞ。

  おお、五月(ごぐわつ)、五月(ごぐわつ)、そなたの聲(こゑ)は
  あまい桐(きり)の花(はな)の下(した)の竪笛(フリウト)の音色(ねいろ)、
  わかい黒猫(くろねこ)の毛(け)のやはらかさ、
  おれの心(こゝろ)を熔(とう)かす日本(につぽん)の三味線(さみせん)。

  Fau-de-Vie de Dantzick.(オオ ド ヰイ ド ダンチツク)

  五月(ごぐわつ)だもの、五月(ごぐわつ)だもの――

  (V.1910.))


一夜とはいえ、設備投資はした。バーカウンターとその上から光を落としてくれる明かり、それに冷蔵庫はイワトがこの夜のために用意してくれたのだし、うまい酒を使い捨てのプラスティックのグラスで飲むことはありえないから、グラスその他も用意した。一夜限りなのに、なんだかみんな常連という感じがよかった。だから、またやります。また来てね。♡
[PR]
by suigyu21 | 2012-06-11 20:47 | Comments(2)