水牛だより

<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ダラっと作る

「アイデア」の最新号(2011.2)は「平野甲賀の文字と運動」という特集だ。表紙にはシアターイワトのオレンジ色のシャッターの前にいつもの平野さんが立っている。このオレンジ色の印刷のために特色を使ったというのはどこで読んだのだったか。確かにイワトの実物はこんな色ではない。

インタビューのなかで平野さんが「水牛通信」について「楽にやるのが一番いい。出たとこ勝負でダラっと作るのが長続きするコツですね。そうするといろんな人が参加しやすいし、いい感じのものが出てくるんです。作っているときも笑いが絶えなかった。」と語っている。

ほんとにその通りだったなあ。もうひとつ付け加えるなら、水牛には会議というものが存在しなかった。だからダラっと作ることが出来たのね。みんなで集まることは数限りなくあった。誰かのほんの少しの相談ごとのために集合すれば、あれこれ言い合って、問題はすぐに解決する。そしてその後の長い時間はみんなで食べたり飲んだり喋ったり。それがみんなの第一の目的だったと思う。それぞれの仕事のアイディアをそこから発展させたりもしていたのは、小さな集まりが自分たちのことだけで収まらなかったからだ、と今ならわかる。
[PR]
by suigyu21 | 2011-02-25 22:18 | Comments(0)

磁気嵐の日に

c0127043_16583259.jpg


お昼ごろから大規模磁気嵐になっているらしいきょうの午後の空。風が強いのはそれとは無関係だろうけれど、空の様子に無関心ではいられない。アラスカは曇だという。どうせ嵐なら、北のほうでオーロラがたくさん見られるといいのに。ヨーロッパでは晴れているのかも。

カメラを買ってすぐ東北新幹線に乗る機会があった。ハートのかたちの雲があらわれた、と思ったら、あっという間にかたちが崩れていく。あわてました。かろうじてハートのときに撮れたので、人に見せたら、加工したの? だって。それほどマメではありません。

c0127043_170335.jpg

[PR]
by suigyu21 | 2011-02-18 17:18 | Comments(0)

月は東に日は西に

c0127043_23285188.jpg


藪とかでなく、ちゃんとした名前を持っているらしい椿が毎年塀からこぼれおちて、道行く人に惜しげなくその花を見せてくれる。雪のあとの一輪のポーズは「撮って」といわんばかりだ。一期一会だねえ、と思わず話しかける。この椿を撮ることができたので、きょうは満足したけれど、歩いていると一本の木からすずめの鳴き声が襲いかかってきた。そういうとき、鳥の姿は見えないことが多い。きょうはこのとおり。すずめの皆さん、どうしたのでしょうね。

c0127043_23301076.jpg


ポイント10倍のスーパーに寄って、買い物をしたら、すでに夕暮れ。半透明の月はまだ青い東の空に。まぶしさを残した太陽は西の空に落ちようとしている。ほぼ同じ時刻の東と西の空。どんなふうに撮れるのかなと、好奇心でシャッターを押してみた。

c0127043_23303525.jpg


c0127043_23304687.jpg

[PR]
by suigyu21 | 2011-02-16 23:50 | Comments(0)

c0127043_21433687.jpg


湾曲した壁がくりぬいてあり、その奥に窓がある。ん? こちらも見られているのかな。
角をぐるりと回ると、小さな窓がたくさんある家があらわれる。こうして切り取られた部分だけ見ると、不思議だ。かわいらしいけれど、どこなのか、何なのか、よくわからない。実物はどこまでも「家」でしかないから、前に立っていればそんな疑問は浮かんでこない。

c0127043_2143986.jpg

[PR]
by suigyu21 | 2011-02-14 21:59 | Comments(0)

曇り空のむこうは

c0127043_23291376.jpg



曇った空を見上げると、モノトーン。
目線を下げれば、夕方の赤や緑のほのかな明かりに呼ばれるなあ。お店の中からはすでに出来上がっているらしいおじさんたちの大きな笑い声が聞こえてきた。うらやましい。


c0127043_2329341.jpg

[PR]
by suigyu21 | 2011-02-13 23:33 | Comments(0)

左を選んだ

c0127043_2173984.jpg



分かれ道を撮るのは難しい。ただのデジカメだからしかたがないなと思うけれど、もう少し工夫する余地はあるのかもしれない。ともかく、この二又の分かれ道を左に行って、次の角をさらに左へ曲がると、下の家に行き当たって、おもわずパチリ。すぐ近くにあるこのふたつはなんだかお互いに遠い風景だ。抱えている時間も違う。


c0127043_2182567.jpg

[PR]
by suigyu21 | 2011-02-12 21:15 | Comments(1)

手で考える

c0127043_20112139.jpg


タイ製の上着は手織りの布の手縫いだ。写真は背中のために二枚の布を合わせてそれを首まわりの別布に縫いつけてあるところ。縫い目を隠そうとしないで、かわいらしく表に出しているところがなんともいえずすばらしい。こんなふうに繰り返しの刺繍のように糸を往復させていれば強度もじゅうぶん。布と親しんでいて着心地もよい。ミシンでがっつり縫った洋服にはもちろんない味で、手縫いがっつりの上等な着物にもない味。手が考えていることを頭が感じる。


c0127043_20124241.jpg


これは製本ワークショップのときの誰かさんのスナップ。
ほらね、手が考えている。手の速度で考えている。
[PR]
by suigyu21 | 2011-02-09 20:24 | Comments(2)

町のなかにブルーを

c0127043_1781537.jpg



c0127043_1784457.jpg

[PR]
by suigyu21 | 2011-02-07 17:09 | Comments(1)

曇り空によく似合う

c0127043_2165333.jpg




c0127043_2172389.jpg




c0127043_2174841.jpg




冬の曇った日に存在感をます植物たち。なぜこんなふうに?
[PR]
by suigyu21 | 2011-02-05 21:12 | Comments(2)

赤と緑と

c0127043_2151890.jpg





撮ったそのまま。
もう少し工夫が望まれる。。。けれど、そのままで加工はしない。
[PR]
by suigyu21 | 2011-02-03 20:19 | Comments(0)