水牛だより

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

赤が似合う

駅まで5分ほど歩く道に今たくさんの赤い花が咲いている。生け垣いっぱいの小さな薔薇、皐月、ブラシの木、控えめに下を向いているアブロチンなど。赤は人類しか認知しない色だとされていることをどこかで読んでから、それなら花たちの赤い色はなにのためなのだろうと、その美しさを目にするたびに不思議でしかたがない。

フランスとタイの国旗はどちらも青白赤の三色が使われている。フランスでは青は自由、白は平等、赤は博愛をあらわしている、と遠い昔に教わった。タイの三色はにはまったくちがう意味があたえられていることを最近読んだ。(石井米雄「タイの三色旗」 岩波書店「図書」)
「かつてシャムと呼ばれていたタイは、国際連盟に加盟し、第一次世界大戦に参戦することとなったが、このとき、国王ラーマ六世はそれまで国旗だった白象旗にかえて新国旗Trairongを制定した。中心の青帯を二条の白帯がかこみ、さらにその外側に二条の赤帯を配した三色旗である。
(中略)
その意味をワチラウット・ラーマ六世は詩に賦してつぎのように説明している。
 白 汚れなく めでたき三宝 タイ人の心に宿るみほとけの教え
 赤 はらからの血 民族と宗教のために流す赤い潮
 青 輝ける色 国長のあれましし佳き日のしるし
青は「国王」、これは六世王の誕生日、土曜日の色である。白帯は「宗教」、ここでは仏教を意味する。赤帯は「民族」の血。「民族・宗教・国王 chaat sasanaa phramahakasat」というタイの政治文化は、新国旗によって可視性があたえられることになった。」
[PR]
by suigyu21 | 2009-05-21 17:36 | Comments(0)

十六夜の月を仰いで

9日はキヨシローの葬儀の日。松本からの中央線の窓からは雨に洗われた新緑がずうっと見えていた。いろんな緑の若葉の色は軽くて、そのまま空に溶けていきそう。山には桐や藤のうすむらさきの花が緑のなかに咲いている。松本の街の中にはライラックがそろそろおしまいの風情でゆらゆらと咲いていた。

夜になって、しまい込んであったTimersのCDを出して聞く。TimersはTigersというバンド名をもパロっているので、このCDが好きなのはしかたのないことだった。キヨシローによく似た(笑)ボーカルの名はゼリー。YouTubeで見ると、ヘルメットとサングラス、首に手拭の新左翼風できめているけれども、衣装に似合わず動きがなめらかで軽すぎる。聞きながら笑って、↓を思い出す。

 芸術家は自分の意識に留めた要素から作品を生み出すが、その要素は芸術家の生きる外的世界と関係し、外的事件への多少なりとも歪んだ見方、あるいは解釈となっている。事象の物質的側面ばかりでなく、社会も人間の外側にあるから、芸術は必然的に社会的な共有物とならざるをえない。個人、それも芸術家のようにしばしば特異な個人が生み出した作品であっても、芸術は「完全に」個人的なものにはならない。生きるとは共存することだ。だから厳密には芸術家がサイクルを終えるのは、作品が共同体に組み込まれて共に生きる者たちに共-感を引き起こした時点である。愛や友情と同じで、芸術も人の「なかに」あるのではなく、人の「間に」存在するのだ。
『作家とその亡霊たち』エルネスト・サバト)
[PR]
by suigyu21 | 2009-05-11 01:33 | Comments(5)

不足のない一日

4月29日はイワトひょうげん塾での製本ワークショップ第一回目を楽しんだ。
綴じたのはイワトが隔月で出しているリトルマガジン「イワト」の最新号。本文を抜き刷りの状態でこのワークショップのためにとっておいてもらった。表と裏に8ページずつ印刷してある紙が3枚で、計48ページ。自分でそれを折ってページの順にするという機会はそうあるわけではないので、参加したひとたちがどのように感じたかはともかく、主催者側としては最大の眼目だったと言っていいと思う。ありがとう、イワト。

2ミリの厚さのボール紙を表紙用の布でくるんで、いわゆる上製本に仕立てる。でも「イワト」は中綴じなので、ホチキス止めのかわりに表紙と中身とを糸で縫いとめた。作った人と同じ数だけ表情の違う「イワト」のにぎやかな出来上がりを見ていたら、ちゃんと次の課題を思いつく。ありがとう、みなさん。

次はまず本文を糸でかがる、というのをやります。それから、人に手渡して読んでもらうことを考えていく。イワトプロデュース「楽園」という芝居が11月に予定されているので、その台本を製本してみるのはどうだろうか。稽古に使ってもらうのもいいだろうし、お客さんに買ってもらうのもいいな。ひとつの台本を本にする、サイズやレイアウトや装幀や、それぞればらばらなものがたくさんあるのを想像すると、おもわずうふふ。少部数出版はそんなふうにいきたい。

で、その製本ワークショップは8月2日(日)午後1時から5時の予定です。お申し込みはイワトひょうげん塾まで。
[PR]
by suigyu21 | 2009-05-03 20:59 | Comments(1)