水牛だより

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

単なる経験不足

製本について尋ねられる機会があったので、少し考えてみた。

本の背の部分を綴じてから表紙をつけて、できあがった一冊をパタンと閉じる。何のために? 自分だけの大事な一冊として戸棚に大事にしまうためではない。だれかに手渡して、それを開いてもらうためだ。何度も何度も開いてもらうために、閉じるという作業が最後にある。

ひとつのテキストにひとつの製本(+装丁)というのが常識になっているけれど、そうでなくてもいいと思う。せっかく手でつくるのだから、ひとつのテキストにいろんな製本、いろんなテキストにひとつの製本、というのがあってもいい。

何万部も売れる本というのはあまり信用できない。本をつくったら、できるだけ売りたいとは思うけれど、それはいくらなんでも万という単位ではないでしょう。とはいえ、中学生のころには、自分の好きな本ならば、人口の10%くらいの人たちはきっと好きだろうと天真爛漫に思っていた。だって10人にひとりですからね、ありそうでしょう。1000万冊くらい売れたってぜんぜ不思議ではないのに、もちろんそんなことがあるわけはないのでした。今は一転して、100冊くらいの少部数出版をするところがたくさんあるといいな〜と思っている。万が一、注文が殺到したら、大出版社に文庫本にしてもらえばいいんです。

そういうわけで、100冊くらいなら無理なくできる手製本というのが目下の関心事になっている。
[PR]
by suigyu21 | 2008-11-28 20:35 | Comments(2)

ともしびのように

夏には出来なかった青空文庫製本部の実習を、半年ぶりに決行。それぞれの興味のおもむくままの製本をこころみる集まりなので、統一感や中心のまったくないヘンな「部活」(命名は四釜さん)なのだ。40ページくらいの中綴じ、革装丁の絵はがき集、なにがなんでも丸背の上製本にこだわり続けるひとなど、ほんとにてんでばらばらだから、強烈な自分勝手はこういうときには強い味方だ。目は自分の手元だけをしっかりと凝視するも、耳と口は開放して、みんなでゆるい会話を楽しみながらの4時間あまり。実際に手を動かしていることの延長として、次の課題が自然にたちのぼってきたり、頭で考えるのとはちょっと回路がちがう。

この「部活」には青空文庫の全ファイルを製本してしまおう、という大胆すぎる目標がある。(ほんと?)ページ数もさまざまだからいろんなタイプの製本をためすことのできる機会だと言っておこうか。失敗してもいいんです、失敗作こそほんとうに参考になるのですから。

弱火ながらも燃え続けているせいで、来年度はシアターイワトの「ひょうげん塾」で年4回のワークショップをすることになった。読む本だけでなく、楽譜や台本など、気持ちよく使える実用のための製本をやってみるのはどうだろうか。きちんと決まったら、あらためてお知らせします。
[PR]
by suigyu21 | 2008-11-17 21:21 | Comments(1)

 思わずほほゑんだ

少し前のこと。たまたま電源を入れたテレビで沢田研二が歌っていた。「我が窮状」や「海にむけて」などは自作詞のもののようだ。「窮状」は「九条」らしかった。海は骨になった自分の帰るところ、セレモニー(お葬式)もモニュメント(墓)もいらない、と甘く静かに歌う。デビューのころの美しさは当然とっくに過ぎ去ってしまったけれど、美しさの延長がこういうところに行き着くのはいいじゃないか、と勝手なミーハーは思うのでした。それから思いついてYouTubeを検索してみると、あるんですね、若き日のお美しい映像がたくさん。「美しいものになら ほほゑむがよい」(@立原道造)

これも少し前のこと。あたしより先に死んだら許さないからね、と年上の友だちが言う。許さないって言われても、死んじゃったならそんなことわかるわけないよ、とわたし。だいじょうぶ、この世からあの世に化けて出てやるから、と彼女。うれしいようなおそろしいような、それが友情というものの正体かもしれません。ほほゑむがよい。?
[PR]
by suigyu21 | 2008-11-11 23:08 | Comments(0)